声楽の基礎

声楽の基礎 · 2021/12/03
以前の記事で、私は高校生の頃に声楽の基礎をすっ飛ばした、ということを書きました。  ↓  ↓  ↓ 基礎をすっとばして音大に入学し、後悔しました 音大入学後も、薄っいスカスカの声しか出せませんでした。 (「息もれ」とはちょっと違う声) それは、音大卒業後も完全には直らず、けっこう長く続きました。...

声楽の基礎 · 2021/11/27
「声を支えるためには横隔膜が大事だよ」 と、一度は聞いたことがあると思います。 横隔膜とは、胸とお腹の間にある膜状の筋肉のことです。 「医師」と「声楽家」が解き明かす発声のメカニズム (荻野仁志・後野仁彦 共著) という本の図が分かりやすいので、引用させていただきます。 肺の下にある白い円盤みたいなのが横隔膜です。     ↓   ↓   ↓

声楽の基礎 · 2021/11/25
私は、いわゆる「発声の基礎」をきちんとやらずに音大声楽科に合格してしまいました。 なので音大入学後に後悔しました。 声量もなく、薄っい声しか出せなかったから、 レッスンで先生がおっしゃることができず、すごく怒られていたから。 高い「音」だけは出ました。 でもそれは「声楽的な高い声」ではなかったです。

声楽の基礎 · 2021/11/20
昔は小学校で 「歌う時は大きな口で歌いましょう」 と言われてきました。 今はどうか分かりませんが。 歌う時に口は大きく開けるべきなのか?問題。 私は「必要に応じて開ければいいんじゃない?」と思っています。

声楽の基礎 · 2021/11/09
先日より、「歌が上手く聞こえる8つの要素」のうち 4つを公開しています。 1つ目は「音程」。 2つ目は「発音」。 3つ目は「音域」。 そして今日は4つ目「表情」です。 よく、 「歌の内容をもっと表現するのよ。そのためには表情豊かに歌ってごらん」 と言われます。 これ、間違ってないですけど、初心者の方は...

声楽の基礎 · 2021/11/08
前回お伝えした「音域の広げ方」。 とりあえず、 ・息の吸い方と吐くスピード。 ・体の軸。 ・声の方向。 ・目線。 などを微妙に変えてみましょう、と書きました。 それはそうなのですが・・・ 声楽の初心者の方は、ご自分でするのはもちろん、 1回のレッスンで上記のものをするのはきついかな、と。...

声楽の基礎 · 2021/11/07
前回、「歌が上手く聞こえる8つの要素」のうち、 3つめの「音域」について書きました。 今回は、その補足的なものを。 「どうやったら音域が広がるのか?」 これは正直、個人差があるので全ての人に当てはまる訳ではありません。 ですが、ある程度のやり方はお伝えできます。 くれぐれも本当~に無理しないでくださいね。...

声楽の基礎 · 2021/11/06
「歌が上手く聞こえる8つの要素」のうち4つを公開しています。 1つめは「音程」について。 2つめは「発音」でしたね。 今回は「音域」についてです。 歌をしている人なら誰でも 「高い音をきれいに出したい」 と思います。 声楽コンクールでも、高音をキメればいい結果につながります。 だから曲を選ぶ時に、 「高い音が出る曲がいいです」...

声楽の基礎 · 2021/11/06
「歌が上手く聞こえる8つの要素」のうち4つを公開しています。 前回は1つめの「音程」についてでしたね。 今日は、「発音」について。 声楽コンクールは多くの場合、原語で歌うという指定があります。 (時々、例外がありますが) イタリアの歌ならイタリア語、ドイツの歌ならドイツ語。 日本の歌は、もちろん日本語です。 「イタリア語とか知らんがな!」...

声楽の基礎 · 2021/11/05
前回お伝えした 「歌が上手く聞こえる8つの要素」のうちの4つ。 その1つめ。 「音程」が合っていること。 「私はちゃんと譜読みもできてるし、楽譜どおり音程正しく歌えてるわよ。 そんなの当たり前でしょ?」 と思いますよね?

さらに表示する