· 

歌う時に口を開けすぎないほうがいい4つの理由

 

歌う時、必要以上に口を開けすぎないようにしましょう。

(必要な時は開けるってことです。笑)

 

その理由は、私は4つあると思います。

 

1.声が無防備に外に流れ出てしまうから。

 

2.言葉がベタっとした感じになってしまうから。

 

3.アゴに力が入ってしまうことが多いから。

 

4.見た目があまり良くないから。

 

です。

 

 

1については、

無防備に流れ出なければ、口を開けようが何しようがいいです。

 

開けたい人は開ければいいと思います。(笑)

 

 

2も同じことです。

 

口を大きく開けすぎても、奥行のある母音や

キレのある子音で歌えるのなら、何も問題ありません。

 

 

3も、これまた同じです。

 

口を開けすぎても、力が入り過ぎなければいいです。

 

 

つまり、ここまでは、

「やることがちゃんとやれていれば、口の大きさはどっちでもいい」

 

ということです。

 

 

個人的には、必要以上に口を開けると、

多くの場合は、1、2、3のようになるので、おすすめしませんよ、

 

という感じです。

 

 

 

 

ただ、4の「見た目があまり良くない」というもの。

 

これは本当に、強く「やめようよ!」と思います。(笑)

 

 

You Tubeとか見てても、時々、

 

「そんなに大きな口で歌わなくても、もう少しいい顔で歌えるんじゃない?」

 

と思うことがあります。

(ごめんなさい。性格悪いですね)

 

「中間音域くらいで、

そんなにパクパクと口開けなくてもなぁ」

 

と思うのですが・・・

 

 

対策としては、

 

口を大きく開けるより、

《 目 》を開ける、という感覚で歌うといいと思います。

 

目を開けることによって、表情も良くなります。

 

そのほうが、のどの奥も開き、声にもいいです。

 

お試しくださいませ!

 

 

 

口を開けるとか、開けないとかは、以前こちらの記事にも書きました。

  ↓  ↓

歌う時に口は大きく開けるのか?問題

 

 

お時間ある方は、お読みいただけると嬉しいです。