· 

イタリア語「R」の巻き舌、そもそも《巻く》のか?

 

イタリア語の「R」は巻き舌にすることがあります。

(たまに「R」は全て巻き舌だと思ってる人がいますが、違いますよ~)

 

ちなみに、英語の巻き舌ではありません。

 

 

「巻き舌、できないです」

という生徒さんは多くいらっしゃいます。

 

よく、

「どうやったら巻き舌ができるんですか?」

と質問されます。

 

 

実は私、この質問に答えるのが一番ムズカシイかも・・・

 

私は何も考えずに、初めから巻き舌ができてしまいました。

 

だから本当のところ、どうやったらできるのか分からないんです。(笑)

 

「なんかできる・・・かな?」

という無責任な答えが、いちばんしっくりくる感じ。

 

 

 

 

だけど、ずっと前から、

「どうやったら巻き舌ができるんですか?」

 

という質問が多かったので、自分の口の中をいろいろ観察してみました。

 

 

それで気づいたことがあります。

 

「イタリア語の巻き舌って「巻く」という要素がないのでは?

どちらかというと、舌の先を

《震わせる》《振動させる》のが正しくない?

 

って。

 

だから、巻き舌ができない生徒さんは、

舌先を巻こうとして固まってしまうのかもしれませんね。

 

 

巻き舌が出来なかった生徒さんも、

レッスンを重ねていくとできるようになる方が多いです。

 

何かのはずみに(?)、ブルルっと突然できたりします。

 

「今、どうしたらできたんですか?」

とたずねると、

 

「え~、なんでだろう? なんかできました」

 

とのお答え。

 

 

ですよね~?

なんかできますよね~?

なんででしょうね~?

 

舌のチカラを抜けばできるってもんでもないしなぁ。

 

 

とにかく、《巻く》という要素は忘れたほうがいいかも。

 

《巻き舌》じゃなくて《震え舌》と思ったほうがいいかも、です!

 

 

巻き舌が苦手な方は《震え舌》のイメージをぜひお試しくださいな。

 

 

 

当教室は2つのレッスンコースがあります。

 

声楽レッスン

 

ゆる声楽レッスン

 

 

「ゆる声楽レッスン」は8月31日で募集を締め切らせていただきます。

 

体験レッスンは、お早めにお申込みくださいね~。