· 

自分で判別できるようになると声楽はもっと楽しくなる

 

何かをやり始めた初期の頃、ある程度

自分で「いいか、良くないか」を判別できるようになると、断然おもしろいですよね?

 

「良くないこと」の解決方法は、まだわからなくても。

 

 

声楽の個人レッスンを始めたばかりの生徒さんは、みんな

「自分では、よく分かりませんけど…」

 

とおっしゃいます。

 

レッスンで、いい声が出た時に、私が

「今の良かったですよ」

と言っても、そうおっしゃいます。(笑)

 

 

私は嘘つくのイヤなので、良くない時は良くないって言います。

 

だから、どうか信じてくださいね~。

 

 

レッスンで何度も

 

「今のは良かったです」

「今のは良くなかったです」

 

と言われ続けていると、そのうちご自分で分かるようになりますから!

 

 

分かり始めるまで、

1ヶ月とか1年とか2年とか3年とかの違いはありますが。

 

 

すぐに分かる人もいれば、なかなか分からない人もいる。

 

分かったと思ったら、また分からなくなる。

 

人によって違うし、その時々でも違います。

 

 

 

だけど、

「お、今の声はいいんじゃない?」

と判別できるようになると楽しくなります。

 

その証拠に、私の生徒さんは、いい声が出た時はパッと笑顔になるんです。

 

 

「今の声ですよね? この声が、いつも出るといいんですよね?」

 

「今みたいにすると自分でも、お~!という声になりますね」

 

などとおっしゃいます。

 

 

どれくらい時間がかかるかは個人差がありますが、

自分で自分の声が「いいか、良くないか」を判別できるようになると、

断然おもしろく、楽しくなりますよ。

 

 

 

当教室は2つのレッスンコースがあります。

 

声楽レッスン

 

ゆる声楽レッスン

 

 

「ゆる声楽レッスン」は8月31日で募集を締め切らせていただきます。

 

気になる方は、お早めに体験レッスンにいらしてくださいね。