· 

開放的で伸びやかな声を出すには「そよ風のイメージ」も使えるよ

 

昨日の記事では、いい声を出す時に使うイメージが壮大すぎましたね。(笑)

  ↓  ↓

宇宙と地球を自分の体でつなぐイメージで歌うと、伸びやかな声になって声量も上がる

 

 

宇宙と地球のイメージは、確かに開放的で伸びやかな声になります。

 

でも、ちょっと大げさよね?(笑)

 

 

そんな時は「そよ風のイメージ」が使えます!

 

草原などで、そよそよと気持ちいい風が吹いてる中で歌う感じ。

 

 

この「そよ風のイメージ」も伸びやかな声になり、表情が良くなりますよ。

 

ただし、声が浮きぎみになることがあるので、体の軸は意識しておきましょう。

 

 

 

昨日のレッスンでは生徒さんに、ある声の種類を想像していただきたくて

「採血の注射」のイメージを使いました。

 

生徒さんは、さすがに

「ああ・・・、そうですねぇ」

 

と引きぎみでしたが。(笑)

 

(たまにスベるよ・汗)

 

 

あと、

 

「カッパの頭のお皿が声の圧力でポーンと飛んでいく感じ」とか、

 

「アイロンを一度も離さない感じ」とか、

 

「あさり貝が、こっちを向いて開いてる感じ」とか、

 

いろいろあります。

 

 

ちなみに、あさり貝は生徒さんに好評です。

 

今度、イメージ集みたいなの作ろうかな~?

 

 

声楽的ないい声で歌おうと思ったら、

 

「軟口蓋上げて~、のど下げて~、アゴにチカラ入れないで~、肩はラクに、お腹は固めないで~」

 

などなどなどなど・・・、頭で考えることいっぱい!

 

だんだん訳が分からなくなってきます。

 

 

そんな時は、何かをイメージするとわりと簡単に声が出ることがあります

 

あなたもアタマをやわらかくして、ご自分に合ったイメージを見つけてくださいね~。

 

 

 

当教室には2つのレッスンコースがあります。

 

青文字をタップすると詳細をご覧いただけます。

  ↓ ↓

 

声楽レッスン

 

ゆる声楽レッスン

 

 

気になる方は、ぜひ体験レッスンにいらしてくださいませませ。