表現について

表現について · 2021/01/14
生徒さんが、次の本番で歌う予定の曲。 ヨハン・シュトラウス2世が作曲した オペレッタ『こうもり』から アデーレのアリア 「侯爵様、あなたのようなお方は」 これは、アデーレという若い小間使いの歌。 ソプラノの中でも軽めの声の人が歌います。 なので、私の生徒さんの声には、ぴったりの曲です。

表現について · 2020/07/19
9月までの期間限定の 「コロナストレス発散レッスン」 では、表現力をつけることに重点を置いたレッスンをします。 表現力をつけるためには「ブレス」(息継ぎ)がとっても重要です。 具体的に言うと、 1.ブレスの位置をきちんと把握する 2.質のいいブレスをする に気をつけましょう。

表現について · 2020/07/11
歌の表現力をつける第一歩は、 歌の内容を大ざっぱでもいいので理解することです。 外国語の歌曲やオペラアリアなら、対訳を見ておきましょう。 日本語の歌なら、楽譜に書かれている「ひらがな」だけでなく、必ず「漢字」で理解しておきましょう。 こうすると、ざっくりと ・嬉しい歌 ・悲しい歌 ・懐かしい歌 ・寂しい歌 なのかが分かりますよね。 少なくとも、...