· 

表現力をつけるためには「ブレス」が重要

 

 

9月までの期間限定の

「コロナストレス発散レッスン」

では、表現力をつけることに重点を置いたレッスンをします。

 

 

表現力をつけるためには「ブレス」(息継ぎ)がとっても重要です。

 

具体的に言うと、

 

1.ブレスの位置をきちんと把握する

2.質のいいブレスをする

 

に気をつけましょう。

 

 

 

 

1.ブレスの位置をきちんと把握する、とは?

 

実際に多くの生徒さんのレッスンで、このことをよく注意します。

 

イタリア歌曲など外国語の歌の場合、単語の途中や文法的におかしなところでブレスしてしまう…

 

ということがあるからです。

 

実は私も高校生の時には、やらかしてました。(笑)

 

 

歌う前には必ず、言葉をよく見て、

文法を考えてブレスの位置を決めてくださいね。

 

 

 

2.質のいいブレスをする、とは?

 

たとえば、「今から長いフレーズを歌う」という時。

 

当然、そのフレーズを歌いきる息がなくては「表現」とか言う以前の問題です。

 

 

フレーズの最後のほうで

「息が持たない、苦し…い……」

というのがバレバレの声で表現なんかできません!

 

 

「じゃあ、いっぱい息を吸えばいいじゃ~ん」

ってことでもないんですね。

 

むやみやたらに吸い込んだ息って、結局、苦しくなります。

 

そうすると、声を出した瞬間にブワーっと出てしまいますから。(笑)

 

 

吸った息を適度にキープし、声として出していきます。

 

私はこれを「質のいいブレス」と呼んでいます。

 

 

「質のいいブレス」って、

あまりうるさく言わなくてもできてる人と、

そうじゃない人の差が激しいな、と思っています。

 

 

あなたはどちらでしょうか?

 

 

ブレスって、

声そのものはもちろん、

表現力をつけるためにも、とっても重要なものです。

 

1.ブレスの位置をきちんと把握する

2.質のいいブレスをする

 

これらを意識してみてくださいね。

 

 

「コロナストレス発散レッスン」では、

こんなこともお伝えして、実際にやっていただきます。

 

 

表現力をつけたい方は、ぜひレッスンにお越しください!

 ↓ ↓ ↓

「コロナストレス発散レッスン」詳細