· 

歌いたい曲の「音域」は無理のないものですか?

 

「歌が上手く聞こえる8つの要素」のうち4つを公開しています。

 

1つめは「音程」について。

 

2つめは「発音」でしたね。

 

 

今回は「音域」についてです。

 

 

歌をしている人なら誰でも

「高い音をきれいに出したい」

と思います。

 

声楽コンクールでも、高音をキメればいい結果につながります。

 

だから曲を選ぶ時に、

 

「高い音が出る曲がいいです」

 

と言うのも分かります。

 

 

だけど、その音はあなたにとって無理のない音ですか?

 

無理やりしか出せないのなら、少なくともコンクールで歌わないほうがいいです。

 

 

 

そうするとコンクールで歌う曲が、やや地味なものになってしまう。

 

でも、物足りないかもしれませんが、そのほうがいいです。

 

無理やり高い音を出していると、のどを傷めてしまうから。

 

 

広い音域を出すためには、出しやすい音から少しずつ丁寧に広げていく必要があります。

 

それには時間がかかるので、地道にレッスンや自主練習を重ねていくしかありません。

 

 

ただ、レッスンでコツをお伝えして一時的に出ることはあります。

 

だけどたぶん、お家で練習する時は出ないと思います。

 

 

ということは、コンクール本番でも出ない可能性が高い。

 

「それでも私は、この華やかな曲が歌いたいの」

というのでしたら止めませんが・・・。

 

 

あと、「音域」は高い音が出るかどうか、だけではありません。

 

低い音もちゃんと出せるようになりましょう。

 

 

「あの人、高い音は出るけど低い音出ないよね~」

と言われちゃいますよ。

 

私みたいに。(笑)

 

 

 

先日より、新規の生徒さん募集を再開しました。

 

「私もアマチュア向けの声楽コンクールに出てみたい」

という方は、ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね~。

 

 

レッスンは月・火・木・金曜日の

12:00~16:30の間で行います。

 

体験レッスンの詳細はこちらからご覧いただけます。

 ↓ ↓

体験レッスン

 

 

今すぐ申し込みたい!という方は、このページの下のほうにある

「体験レッスンお申込みフォーム」からお願い致します。