· 

ブレスでテンポが崩れていいのは初期段階だけね

 

譜読みの初期段階では、

テンポよりも質のいいブレスを優先させましょう。

 

この段階では、テンポが崩れてもいいです。

 

 

だけど、ブレスでテンポが崩れていいのは、譜読みの初期段階だけです。

 

いつまでもブレスでテンポが崩れていては曲が仕上がらないから。

 

 

コンクールや人前で歌うのなら、なおさらです。

 

だって聞いてるほうは、ブレスの度に

「よっこいしょ~」

という感じになっちゃうもん。(笑)

 

 

できうる限り、

テンポの中でブレスできるように練習しましょうね。

 

ちゃんと練習して歌い慣れてくると、ブレスが安定します。

 

 

生徒さんのレッスンでも、こんなことがありました。

 

 

新しい曲。

 

はじめは、ブレスの場所を多めに決めていました。

 

不自然にならないように言葉の合間とか。

 

そうしないとワンフレーズ持たないから。

 

 

ですが、何度もレッスンを重ねていくうちに、こうおっしゃったのです。

 

「先生、ここはブレスしないで一息で歌えます」

 

 

なのでノンブレスで歌っていただくことに。

 

すると、

 

ブレス多めにしていた時より全然いい!

 

テンポもスムーズ。

 

大きなフレーズ感で歌えました。

 

 

質のいいブレスはとっても大切。

 

だけど、それでテンポが崩れるのはいかがなものかな?

 

 

ブレスでテンポが崩れていいのは、譜読みの初期段階だけにしましょうね。