· 

感性だけは教えられない・・・けど

 

「感性だけは教えられない」

 

その昔、レッスンで先生から言われた言葉。

 

先生は私の歌の表現に、物足りなさを感じられたのです。

 

「もっとエモーショナルに!

 あなた、どう感じてるの?

 あのね、あなたね、感性だけは教えられないの

 

 

当時の私は、歌の表現が全くダメでした。

 

顔は無表情で、恐る恐る歌っていました。

 

原因は分かっています。

(今回は触れませんよ~)

 

 

 

先生は、

「あなたが感じたことをもっと出してごらん」

 

とおっしゃる。

 

でも当時の私には、それが少し難しかったのです。

 

 

あれから20年経ち、私が教える側になって分かりました。

 

感性だけは教えられない、って。

 

 

昔の私のように、

「何も感じてないのかな?」と思う生徒さんもいます。

 

 

かと思うと、

 

「その音楽的な間の取り方。

 微妙な強弱のつけ方。

 なんでそんなに素敵なの~~~?

 脱帽なんんだけど!」

 

という生徒さんもいます。

 

 

コンコーネ(練習曲)にさえタイトルをつけて、その世界観を歌ってくださる生徒さんもいました。

 

 

感性は人それぞれ。

 

もちろん、テクニックとしての表現方法はあります。

 

 

でも、

感性が鋭いというか、豊かな人の表現は、「取ってつけた感」がないのです。

 

こういう方が歌のテクニックを緻密に学べば、鬼に金棒!

 

 

感性だけは教えられない。

 

その昔、先生に言われた言葉を思い出し、改めて納得している今日この頃です。

 

 

 

だけど!!

 

じゃあ、感性が鈍い人はどうすんのよ?(怒)

 

って話ですよね。

 

 

大丈夫です。

 

先ほども書いたように、

「テクニックとしての表現方法」があります。

 

日をあらためて、その方法の一つを書くつもりです。

 

お楽しみに。