· 

録音して「うわっ、私ヘタだ」と、まず自覚しよう

 

自分ひとりの練習は、必ず録音しながらしてくださいね。

 

録音しないと客観的に聞けないから。

 

伴奏も弾ける人だったら、伴奏に合わせて

「あ~、気持ちよく歌えたわぁ~。めでたしめでたし」

 

という満足感だけになっちゃうので。(汗)

 

 

 

というのも、

私が高校生の時、録音なんか全くせずに、自分で伴奏弾きながら練習してました。

 

自己満足もいいところ!

 

「気持ちよく歌えて、私って上手やん」

 

とか、本気で思ってました。

 

 

とんでもないです。

 

 

音大入学以降、自分のレッスンや練習を録音して聞いてみると、

「うわっ、私ヘタやん!」

 

と思い知らされました。

 

 

それまで、勘違いしながら何年も練習してしまっていたのです。

 

ヘタの上書きですよ。(涙、涙、涙…)

 

 

だけど、その「私ヘタやん!」という自覚が必要なのですね~。

 

そうじゃないと改善点が不明なままだから。

 

声が小さいのか、声が揺れてるのか、音程が悪いのか、言葉がボヤけてるのか・・・?

 

 

あなたも自主練習の時には、必ず

録音しながら、聞き返しながらしてくださいね。

 

高校生の私みたいに、ヘタの上書きしないように。

 

 

 

 

当教室は2つのレッスンコースがあります。

 

声楽レッスン

 

ゆる声楽レッスン

 

 

ご興味ある方は、レッスン内容をご確認の上

ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね!