· 

「音程」が合っていることって当たり前?

 

前回お伝えした

「歌が上手く聞こえる8つの要素」のうちの4つ。

 

その1つめ。

 

「音程」が合っていること。

 

 

「私はちゃんと譜読みもできてるし、楽譜どおり音程正しく歌えてるわよ。

そんなの当たり前でしょ?」

 

と思いますよね?

 

 

 

私も昔はそうでした。

 

 

だけど、短いフレーズごと録音しながら練習すると、気づいたことが・・・。

 

録音したフレーズをピアノで弾きながら聞き返してみると、

時々、いい加減な音程になってしまうことがあるのです。

 

微妙にピッチがズレてる、という感じ。

 

 

 

本当に時々ですけど、目立つ。

 

それまで、ちゃんとしたピッチで歌っていればいるほど、悪目立ちする!

 

これ、自分で気づけたからよかったです。

 

「うわっ、私ヘタやん」

と思い直して修正できるから。

 

 

時々、他の方の演奏会やコンクール、You Tubeなどを聞くと、

 

「この人たぶん、ご自分では音程(ピッチ)が合ってると信じて歌われてるんだろうな」

 

と思うことがあります。

 

 

私も人様のことは言えませんから、いつもいつも気をつけています。

 

友だちや仲間同士でも

「あなた、音程悪いよ」

とは、なかなか言いにくいから。

 

 

もちろん、レッスンでは生徒さんに言います。

 

「う~ん、今の2番目の音は音程が悪いですね~」って。(笑)

 

 

音程が合っていることは、

「歌が上手く聞こえる8つの要素」の中でも優先順位が高いです。

 

だから、うるさく言わせていただいております。

m(__)m

 

 

こんなレッスンにご興味ある方は、ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね!

 

レッスンは月・火・木・金曜日

12:00~16:30の間です。

 

 

体験レッスンのお申込みは、このページの下のほうにある

「体験レッスンお申込みフォーム」からお願い致します。

 

 

体験レッスンの詳細は、こちらからご覧いただけます。

 ↓ ↓ 

体験レッスン