· 

練習の1発目はノンストップで

 

私のレッスンでは、発声練習をした後に歌っていただく曲の1発目はノンストップです。

 

歌詞を間違えようが、変な声が出ようが、一度最後まで通して歌っていただきます。

 

よほどのことがない限り止めません。

 

 

なぜかというと、本番で歌うことを想定しているからです。

 

本番は一度きりです。

 

「いや~ん、歌詞間違っちゃった。テヘペロ!」

 

で止まるわけにはいきません。

 

 

これは私自身の練習でも徹底しています。

 

「どんなことがあっても、一度最後まで通して歌うよ」

と決意して歌い始めます。(笑)

 

 

先日の生徒さんのレッスンで、いつものように

「一度目は何があっても止まりませんよ~」

 

と軽くプレッシャーをかけて歌っていただきました。

 

 

ですが、歌い始めてすぐに、 

 「おお!」と、思わず止めてしまうところでした。

 

あまりにも素晴らしかったので!!

 

 

止めてしまいたいのをぐっと我慢しながら曲を終えました。

 

「出だし、すっごくよかったですね。ご自分でも、そう思ったでしょ?」

 

と私が前のめりできくと、生徒さんは

 

「上手くいきましたね~。ずっとあの事を意識してたので」

 

と答えました。

 

 (写真はイメージです)

 

 

「あの事」とは、発声練習で私がアドバイスしたことです。

 

そのことによって、ものすごーく丁寧に歌ってる感が伝わってくるのです。

 

もちろん歌そのもの出来も素晴らしい。

 

これを、ほかの曲にも応用していけばいいのですね♡

 

本当に、自分でコントロールできるようになってくると、

ただ表面的に美しく歌うだけではなくなります。

 

声楽の本当の楽しみって、ここからかな~と思うのです。

 

 

コロナの様子にもよりますが、そろそろ新規の生徒さんの募集を再開しようかと思っています。

 

「いつかアマチュアの声楽コンクールに出てみたい」

という方は、このブログをチェックしておいてくださいねー!