· 

その3「本番で、ど緊張する人のホントの対策」は、まず演奏技術を高めること

 

本番の緊張対策、その3~!

 

その1、その2的なものは記事の下にリンクを貼っておきますね。

 

 

本番の緊張対策の「いちばんのお守り」は、演奏技術を高めることです。

 

メンタルがどうの、と言う前に

テクニカルな面で心配があるから不安になるのです。

 

たとえば、

 

「高い音でひっくり返ったらどうしよう」

 

「歌い出しで声が思うように出なかったらどうしよう」

 

「ブレスが続かなかったらどうしよう」

 

とか。

 

( ↑ 全部、私のこと)

 

 

これを

 

「ここ1年、もう高い音でひっくり返らなくなったよ」

 

「歌い出しでコケないコツをつかんでるから大丈夫」

 

「ブレスが続かない原因をつぶしたから平気!」

 

にすればいいのですね。

 

 

つまり、練習しましょうって話です。(笑)

 

その歌に見合うだけの演奏技術をつけましょう。

 

 

そうじゃなければ、

自分に合わせて難易度を落とした曲に変えるか、です。

( ↑ なにげに、これはとっても有効ですよ)

 

 

 

 

以前、劇団四季の研究生の方がレッスンに通っていたことがあります。

 

「ダンスはすごく得意だけど歌が苦手なんです~」

という方でした。

 

 

いろいろ話していた時に、

 

「歌って緊張しますよね~~~?」

 

と、しみじみ言われました。(笑)

 

 

私が、

「ダンスも緊張する?」

と質問すると、

 

「ダンスは全然緊張しない!

 早く見てほしい~って思っちゃう!!」

 

と声を弾ませて答えてくれました。

 

 

苦手なもの(技術レベルが低いもの)は緊張する。

 

得意なもの(技術に自信があるもの)は緊張しない。

 

これだけの話です。

 

 

なので、ホントの(本気の)緊張対策としては、

まず第一に「演奏技術の向上」がとっても重要。

(^^;)

 

結局それが、いちばんのお守りになるのですから。

 

それを優先させながら、メンタルトレーニング的なものを加えていきましょう。

 

 

お家での練習、レッスン活用方法などの記事はこちらです。

   ↓  ↓

 

本番の緊張対策「場数を踏む」方法

 

本番で、ど緊張する人の対策

 

 

 

※メンタルトレーニングは、本番が決まっている生徒さんにレッスン中にお伝えしています。