· 

暗譜すると、いいことあるよ

 

楽譜を見ず、覚えて歌う暗譜。

 

歌詞をしっかり覚えていなかったり、楽譜への書き込みを見たいので、

なかなか楽譜から目を離せないですよね?

 

だけど暗譜で歌うと、いいことがいくつかあります!

 

・声が遠くにスーッと出る。

・声量が上がる。

・ちゃんと息が吸える。

・表情が良くなる。

 

 

先日のレッスンで生徒さんに、

 

「ちょっとくらい間違ってもいいし、楽譜の書き込み見なくていいから暗譜で歌ってみて~」

 

と提案しました。

 

 

そしたらやっぱり、いい!

 

 

楽譜への注意事項の書き込みなんて、レッスンを重ねていけば体が覚えちゃいます。

 

歌詞も、意外と覚えてるもんです。

 

 

楽譜見てると安心だから、ついつい見ちゃうんですよね~。

 

私も気づいたら楽譜をガン見しながら練習してることあります。(汗)

 

だから、気持ちはよく分かるけど、なるべく早く暗譜して楽譜から目を離しましょ!

 

 

生徒さん自身も、

 

「楽譜ばっかり見てると、知らないうちにのどを圧迫しちゃってますね。

 楽譜から目を離して歌うと声がスーッと出ますね」

 

と実感されてました。

 

 

ちょっとずつでいいから、意識して楽譜から目を離す時間を増やしていきましょう。

 

声がスーッと出て、

声量が上がって、

息もちゃんと吸えて、

表情も良くなるのですから。

 

 

それに、暗譜が早いとコンクールなどの本番の不安材料が一つ減りますよ~。

 

 

 

11月1日より、新規の生徒さん募集を再開しました。

 

「いつか私だって、アマチュアの声楽コンクールに出たい!」

という方は、ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね。

 

体験レッスンは、こちらから詳細をご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

体験レッスン