· 

片足立ちで歌うといいことがあるよ(練習の時だけね)

 

どの生徒さんも時々、

声が「うすくなってしまう」というか、「ぼやけてしまう」ことがあります。

 

(もちろん昔は私もそうでした。笑)

 

重心が定まらず、身体の軸がキマってない感じ、というか・・・

 

 

そんな時は片足立ちで歌ってみてください。

 

ピアノや椅子などに手を軽~く添えて立っても構いません。

 

 

そうすると、

両足で、なんとなく立っている時よりも密度の高い声が出ることが多いです。

 

 

これ、何人もの生徒さんが

「わ~、これいいですね。声が違う!」

 

とおっしゃいます。

 

 

余裕があれば、片足で曲げ伸ばししながら声を出すのもいいですよ。

 

ただし、ひざに痛みがあったり、具合が悪い方はしないでください。

 

負荷がかかり過ぎますから。

 

 

 

あと、必ず、片足の上に腰をズン!と乗せる感覚で立ってくださいね。

 

足だけで立っているとフラフラして、片足立ちの意味がありませんからね~。

 

 

腰を乗せて片足で立つと、適度なチカラで身体を支える感覚が分かりますか?

 

その感覚を覚えてから、両足に戻して歌ってみてください。

 

たぶん、さっきよりいい声になってると思います。

 

 

「声がぼやけてきたかな?」と感じる度に、片足立ちで練習する。

 

ぜひお試しくださいませ!

 

 

 

当教室はレッスンコースが2つあります。

 

あなたに合うレッスンコースでお待ちしております。

 

詳しくは、下の青文字をタップしてご覧ください。

 ↓  ↓

 

声楽レッスン

 

ゆる声楽レッスン