· 

「背泳ぎ」のイメージで声がポンっと出た

 

先週の生徒さんのレッスンで、あるオペラアリアをやった時のこと。

 

レチタティーヴォはずいぶん良くなったのに、アリアに入ったところで、

なんだか「恐る恐る歌ってる」感じがしました。

 

ご本人も

「なんか、カタくなっちゃうんですよね・・・」

 

と自覚あり。

 

 

呼吸がすごく浅い、という感じでもないなと思いました。

 

だけど、上半身が固まってる印象でした。

 

 

そこで、

「背泳ぎってできます?」

ときいてみました。

 

「はい。背泳ぎがいちばん得意です(笑)」

とのお返事。

 

 

おっ、いいね!

 

 

「じゃあ、背泳ぎしながら歌ってください」

 

と、またいつもの妙なリクエストをしてみました。

 

 

で、アリアの出だしを歌ってみると・・・

 

ポンっと、いい解放感を持った声が出たんです!

 

 

生徒さんも私も、思わず

 

「いいですね~」

 

って顔を見合わせましたよ。

 

 

この日のレッスンは、背泳ぎザンマイで歌っていただきました。

 

そして、だんだん実際に腕を回さなくても、

そのイメージを思い出しただけでも声が変わっていきました。

 

 

こういうことがあると、本当におもしろくって楽しいですね!!

 

 

「なんか上半身が固まってしまうのよね」

という方は、

背泳ぎのイメージで歌ってみてくださいね。

 

それでうまくポンっと声がでなくても、また別のイメージで声が出ることもあります。

 

試すのはタダなので、ぜひお試しを~。

 

 

 

今村声楽教室は2つのレッスンコースがあります。

  ↓  ↓

 

声楽レッスン

 

ゆる声楽レッスン

 

体験レッスンありますので、ぜひいらしてくださいね。