· 

50円玉を使うと少しイメージしやすいかも?

 

少し前に書いた記事の補足です。

 

 「おばちゃん声」 原因の一つは声の揺れ幅が大きいから

  ↑  ↑

(ポチっとすると読めるよ)

 

 

 その記事の中に、「おばちゃん声」になった時の対処方法を書きました。

 

 

以下、その記事です。

 

======

 

ちょっと分かりにくいかもしれないけど、私なりの意識の仕方を書きますね。

 

1.声を出す幅を狭めにする。

 

2.息のスピードを速くする。

 

3.その息の両端(縦方向)をピーンと張っているイメージを持つ。

 

です。

 

 

これらを意識しながら練習すると、

いつのまにか「おばちゃん声」は消えています。(笑)

 

======ここまで

 

 

これ、50円玉を使うと、ちょっとイメージしやすいかも?と思いました。

 

 

 

まず、頭のてっぺんに50円玉を載せているのをイメージしてください。

 

その50円玉の穴に、細い紐を通すように声を出します。

(写真は細いヘアゴム)

 

その時、息もピューン!と素早く通します。

 

穴に通している紐(ヘアゴム)はピーンと引っ張ったままです。

 

途中でゆるむと、声が揺れてしまうから。

 

 

上の写真のように、

実際に50円玉に細い紐か、ヘアゴムを通してみてください。

 

狙った場所めがけて、

まっすぐに、

サッと通して、

ピンと張らないと、

 

もたついてしまうのです。

 

 

これを声に置き換えると、どうなるか分かりますよね?(笑)

 

 

お財布に50円玉があったら、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

そして、50円玉を使わせていただいたら、

 

50円玉さんに

「ありがとうございました」

 

と、お礼を言ってくださいね。