· 

くれぐれも「表情」を最優先して歌わないでね

 

先日より、「歌が上手く聞こえる8つの要素」のうち

4つを公開しています。

 

1つ目は「音程」。

2つ目は「発音」。

3つ目は「音域」。

 

そして今日は4つ目「表情」です。

 

よく、

「歌の内容をもっと表現するのよ。そのためには表情豊かに歌ってごらん」

 

と言われます。

 

 

これ、間違ってないですけど、初心者の方は

くれぐれも「表情」を最優先して歌わないでくださいね。

 

表情を最優先すると、声楽的な声を邪魔してしまうことがあるから。

 

 

 

 

例えば、

 

「楽しい歌だから、にこやかな顔で歌わなきゃ」

 

と、無理やり笑顔を作ってしまう。

 

だけど、慣れていないと口の中が狭くなってしまいます。

 

そうすると当然、母音がつぶれます

 

 

 

じゃあ、どうすればいいかと言うと、 

 「笑っても口の中が狭くならなければいい」のです。

 

そして、笑っても母音がつぶれない場所を確保すればいいのです。

  

 

レッスンでは生徒さんの声を聴きながら、その場所を見つけていきます。

 

 

あと、声を助けるために「表情」を使うのもやめましょうね。

 

無駄に頬を上げてみたり、顔をしかめてみたり、とか。(笑)

 

 

 

表情は確かに大切ですが、

くれぐれも、表情を最優先して母音を犠牲にしないようにしましょう!

 

 

 

  

現在、新規の生徒さんを募集しています。

 

「いつか私もアマチュアの声楽コンクールに出てみたい」

という方は、ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね。

 

 

レッスン料金など、詳しくはこちらからご覧ください。

 ↓ ↓

レッスンについて

 

 

体験レッスン(有料)の詳細はこちらから。

 ↓ ↓

体験レッスン