· 

首の筋肉を動かさないようにブレスする

 

時々、ブレスで首が筋張ってしまう方がいます。

 

一生懸命に息を吸おうとして、首の筋肉がキューっと動いてしまうのです。

 

 

テンポの早い曲なら、そうなってしまうこともあります。

 

 

だけど、少なくとも発声練習では、首の筋肉を動かさないようにブレスしましょう。

 

 

なぜなら、

それってブレスの度に、のどの位置が上がって狭くなるからです。

 

 

アゴにも力が入ってしまい、胸や肩もいっしょに上がってしまいます。

 

そうすると息が胸の浅いところまでしか入りません。

(↑正確に言うと、ただのイメージだけど)

 

 

もっとお腹のほうに息を入れたい。

(↑正確に言うと、ただのイメージだけど)

 

 

  ↑  ↑  ↑

上の写真のような首のまま、息を吸ってみてください。

 

鏡を見ながらゆっくりやれば大丈夫。

 

できますよ!

 

 

首はただ、息が通過していくだけ。

 

筋肉がキューっと筋張ったりしませんよ~。

 

 

鏡でチェックしながら、その首のまま発声練習をしてみてください。

 

ブレスの時は気をつけて。

 

 

慣れていないと、まだ筋張るかもしれませんね。

 

今まで、その首の動きで息を吸っていたのですから。

 

 

これに慣れてくると、いわゆる

「お腹に息を入れる」

 

という感覚が少し分かるかもしれません。

 

 

しつこいようですが、お腹に息が入るというのは、ただのイメージですけどね。(笑)

 

 

今日は、首の筋肉をキューっとさせないでブレスしましょう、というお話でした。

 

ぜひぜひ、ご自分でチェックしてみてくださいね。