· 

「一小節ぜんぶ同じ音だなんて、考えたこともない!」とビックリした生徒さん

 

レッスンで40代の生徒さんに、

「この小節、ぜんぶ同じ音なので声をそろえましょうね」

 

とお伝えした時、

 

「たしかに~! 同じ音だ~!

一小節ぜんぶ同じ音だなんて、考えたこともない!

 

と言われました。

 

その生徒さんにとっては超新鮮だったようで、

ちょっとビックリだったみたい。(笑)

 

 

曲の中で、同じ音がずーっと続くことってよくあります。

 

いくつか例を挙げますね。

(すみません、原語で書かせていただきます)

 

 

イタリア古典歌曲の

O del mio dolce ardor の出だし。

 

ベッリーニの歌曲

Ma rendi pur contento の出だし。

 

トスティの歌曲

Ancora! の出だし。

 

オペラ「ドン・ジョヴァンニ」の

ツェルリーナのアリア

Vedrai, carino の出だし

 

などなど。

 

 

 

 

同じ音が続く時は、声の方向をそろえないとデコボコな感じになります。

 

母音によって声があちこち向いてしまうと、おかしいです。

 

 

よく

「母音だけで練習しましょう」

と言われますよね。

 

それも有効な練習方法です。

 

 

でも、声の方向がズレるのって子音がきっかけになることも多いです。

 

「t」とか「b」をはじきすぎて、声が前方向だけになっちゃうとか、

子音が2つ続いた時にズレるとか。

 

 

なので、子音にも注意しましょう。

 

「母音も子音もって、全部じゃないか」って?

 

 

そうですよー!

 

音も母音も子音も全部に、すごく注意するんですよー。

 

 

生徒さんも、

 

「同時に考えることいっぱい!

でも、こういうことを一つずつやるの、けっこう好きです(笑)」

 

と楽しんでいただいてるみたいで、よかったです。

 

 

 

当教室は2つのレッスンコースがあります。

 

声楽レッスン

 

ゆる声楽レッスン

 

「ゆる声楽レッスン」は2022年8月31日で募集を締め切らせていただきます。

 

声楽にご興味ある方は、ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね。

 

体験レッスンに申し込まれる前に、

レッスン料金や時間、内容を必ずご確認くださいますようお願い致します。