· 

人前で歌う時の「おじぎ」は感じよくできてる?

 

コンクールや演奏会では、歌う前と歌い終わった後に「おじぎ」をします。

 

もちろんコンクールでは「おじぎ」は点数にはなりません。

 

だから、気にならない人は気にしなければいいと思います。

 

 

点数にならないけれど、私は

「おじぎ」も感じよくエレガントにしたいな~と思うのです。

 

 

なのでコンクールなどの

本番がある生徒さんには「おじぎ」の仕方もアドバイスします

 

 

想像してみてください。

 

本番の舞台で、普段着ないドレスを着てハイヒールを履いて「おじぎ」をするのです。

 

あなたは感じよく、エレガントにできそうですか?

 

 

私は過去に何度も、先生から「おじぎ」の改善点を指摘されましたよ~。

 

エレガントさなんて少しもなかったから。(笑)

 

 

だから何度も何度も練習して、ある程度できるようになった・・・はず。

 

何度か褒められたからね。

(^_-)-☆

 

 

 

 

当教室のレッスンでは、

本番が近い生徒さんは、歌う前の「おじぎ」からやっていただいてます。

 

 

そうすると、ある生徒さんは、

「おじぎをし終わった後は、体の重心を戻さないといけないですね」

 

と気づかれたんです。

 

「重心が前のめりのまま歌に入ると、声が○○すぎますよね?」

って。

 

 

何度かおじぎの練習をやっていくうちに、

無事、スムーズに重心を戻して歌い始めることができました。

 

 

あと、おじぎする時の手の使い方もお伝えしました。

 

「あ!この手の感じ、いいですね」

と、採用してくださるようですよ~。

 

 

人前で歌う時には、歌だけじゃなく

「おじぎ」も感じよくエレガントにしたいですよねー!

 

あなたは「おじぎ」が感じよくできそうですか?

 

 

コンクールでは点数にならないけど、

本番でエレガントにふるまえたり、余裕があるように見えることを3つ

昔の記事でも書きました。

 

よかったら、お読みくださいね。

  ↓  ↓

本番で、しないほうがいい事3つ

 

 

 

 

当教室は2つのレッスンコースがあります。

 

声楽レッスン

 

ゆる声楽レッスン

 

「ゆる声楽レッスン」は2022年8月31日で募集を締め切らせていただきます。

 

声楽にご興味ある方は、ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね。

 

体験レッスンに申し込まれる前に、

レッスン料金や時間、内容を必ずご確認くださいますようお願い致します。