· 

「a」でザーっと出て行った話(笑)

 

シューベルトの「野ばら」を歌っている生徒さんのレッスンにて。

 

 

曲の前に、ドレミレドの音型を半音ずつ上がっていく発声練習。

 

この時、呼吸にものすごく意識を向けていただきました。

 

ちゃんとした位置で深く吸う感じです。

 

私はこのことを

「質のいいブレス」と呼んでいます。

 

これがいいかげんになると声が震えたり、息が続かなかったりするんです。

 

 

この生徒さんは発声練習で、だんだん声が良くなっていきました。

 

なので曲を歌っていただくことに。

 

 

そうしたら、1回目の出だしがすごーく良かったんです!

 

「出だし、素晴らしかったですね」

と私が言うと、

 

「発声練習で呼吸に注意したばかりだからです~」

とおっしゃっていました。

 

 

で、もう一度歌っていただいた時・・・

 

おや?さっきとずいぶん違う。(笑)

 

 

私、

「あらら、さっきのほうがいいですねぇ~」

 

生徒さん、

今は息(呼吸)が、イマイチでした~。笑笑笑」

 

私、

「出だしの歌詞のザー アイン クナープ の「a」の母音で、ザーっと声が出ちゃいましたね」

 

とお伝えしました。

 

 

そう、「a」って意外とザーッとバーっと、

声がまとまりなく出て行っちゃうことがあるんです。

 

まさに「野ばら」の出だしのSah(ザー)で、ザーッと出てしまったように。

 

 

だけど、さっきの呼吸を思い出し、

もう一度「質のいいブレス」をしながら歌っていただくと、

また、まとまりのある声になりました。

 

めでたし~!!

 

 

こんなふうに、

ほんの少しの呼吸の仕方の違いで、声が全然変わってくるから不思議です。

 

そして、おもしろい!

 

 

 

当教室は2つのレッスンコースがあります。

 

声楽レッスン

 

ゆる声楽レッスン

 

 

「ゆる声楽レッスン」は8月31日で募集を締め切りますので、

気になる方は、お早めに体験レッスンにいらしてくださいね。