イタリア語の発音に慣れる方法

 

声楽レッスンは、ほとんどの場合、まずイタリアの曲から始めます。

 

「え!?イタリア語って難しくないの?」

 

大丈夫!

 

だんだん慣れていけます。

 

 

私も高校生の時、

「イタリア語が読めなかったらどうしよう・・・」

と心配でした。

 

 

でも、先生が

「読めなかったらカタカナで書いちゃえば?」

とおっしゃって読み方を教えてくださいました。

 

なので、楽譜にカタカナで書いちゃいましたよー!

 

最初のうちは、歌詞全部の下にカタカナで羅列してました。(笑)

 

 

そのうち、パッと見て読みにくい単語だけにカタカナを書いていました。

 

 

たとえば、

 

preghiera → プレギエーラ

crudele → クルデーレ

speranza → スペランツァ

tormento → トルメント

 

とか。

 

 

で、ここで注意することがあります。

 

「pr」「cr」「sp」「rm」など

子音が続いている場合、本当はカタカナで表記するのはおかしいのです。

 

 

カタカナは「ka ta ka na」のように、既に母音が含まれているから。

 

 

なので、なんとなくイタリア語の読み方がわかってきたら、

「母音を入れない」発音に慣れていきましょう。

 

 

楽譜には次のように書き込んでくださいね。

 

preghiera → pレギエーラ

crudele → cルデーレ

speranza → sペランツァ

tormento → トrメント

 

子音が続く時には、最初の子音をアルファベットで書くのです。

 

 

そうすると、だんだん

「ここは母音ががないんだな~」

という感覚がつかめてきます。

 

だからカタカナ発音じゃなくなってきますよ~。

 

 

で、そうやっていくうちに、いちいち書き込まなくても見ただけで読めるようになります。

 

いちいち書き込むの、面倒くさくってね・・・(笑)

 

 

この方法は、ドイツリートにも使えると思いますので、お試しくださいね。

 

フランスものは、子音より母音をカタカナで表記するのが難しいから、ちょっと微妙かな~?

(^^;)

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

ただ今、声楽専門レッスンの生徒さんを募集中です。

 

「いつか声楽コンクールに出てみたい!」

という方は、ぜひ体験レッスンにお越しくださいね。

 

体験レッスンのお申し込みは、この下のお申込みフォームからお願いします。

 ↓ ↓ ↓