· 

一定レベルで仕上げた曲が増えると、コンクールの選曲に余裕が持てます

 

声楽レッスンを続けていると、

「みんなコンクールに出てるみたい。私も出てみようかな」

と思う人が多いです。

 

最近はアマチュアの声楽コンクールも増えてきたので、どんどん挑戦してくださいね。

 

 

で、いざ声楽コンクールに出るとなった時、

「何を歌おう?」

 

 

コンクールでは演奏時間に制限があります。

 

そして当然、あなたに合った歌を選ばなければいけません。

 

 

それまでのレッスンで、

 

・一曲をなんとなく仕上げてきた。

・楽しく歌えればそれで満足していた。

・クラシックのソロ曲じゃないものを歌ってきた。

 (合唱をアレンジしたものや外国民謡、童謡など)

 

という人は、選曲が大変だと思いますよ。(笑)

 

 

だって、なんとなく仕上げた曲を、またそこから仕上げ直さないといけないんですから。

 

クラシックのソロ曲をしたことがなければ、コンクール向きの曲を一から譜読みすることもあるでしょう。

 

 

 

私のレッスンでは何曲かコンクール向きの候補曲をお伝えして、全部歌っていただきます。

 

実際に歌ってみないと、どれが歌いやすいか、向いているかが分からないからです。

 

もちろん、それなりの時間はかかりますね。

 

 

だから時々、

「先生が私に合った一曲を決めてくださいよ!」

という人もいますが、ご本人が好きじゃない曲をお渡ししても大丈夫?

 

途中で、

「これ難しいです」とか、

「あんまり好きじゃないです」とか言わないなら私が選びますけど。(笑)

 

 

 

「コンクールだけが目標じゃないもん(怒)」

という方は、もちろん楽しく歌っていただけたらと思います。

 

でも、

「上手になったらコンクールに出てみたいな~」

と少しでも考えてる方は準備が必要です。

 

普段のレッスンから、一定レベルで仕上げていきましょう。

 

一度歌い込んでいるので、選曲の時に選択肢が増えて余裕が持てますから!