だれでも他人の歌の「出だしのワンフレーズ」で、こう思ってしまうはず

 

こんにちは。今村です。

 

歌の出だしって大切です。

 

あなたも、NHKの番組「のど自慢」を見ていて、

「あ~、この人、鐘1つだな」

って思うことありません?(笑)

 

(「のど自慢」って番組、知ってる?)

 

専門的な知識がなくても、「数秒で」そう思ってしまいませんか?

 

 

きれいごと抜きで、出だしのワンフレーズで、

 

「あ~、あまり上手じゃないな」とか

「さっきの人より上手いね」とか

「お!すっごい上手い人キター!」とか

 

思ってしまうはず。

 

 

これは声楽コンクールでも同じです。

 

出だしで瞬時に判断されています。

 

もちろん曲の途中で挽回することは可能です。

 

出だしだけで全体の評価を決められたら、たまったもんじゃないさ!!

 

 

だけど、

 

出だしのワンフレーズで、いろいろなことが分かっちゃうのも事実

 

「その人が普段、何に気をつけてレッスンや練習に取り組んでいるか?」が・・・

 

・レガートをきちんと練習している人だな。

・「u」の母音をすごく大事にしているな。

・音域だけで選曲しちゃってる?

・歌の内容を理解してないかも?

・支えを意識する練習は、あまりしてないみたい。

・レッスンで発音を丁寧にみていただいてるんだろうな。

 

などなど、その他いろいろ分かっちゃいます。

 

私でも分かってしまうのですから、声楽コンクールのエラい先生方がお聞きになったら瞬時でバレちゃいますよ~。(笑)

 

 

 

「そんなエラそうに言ってるあんたは、ちゃんとできてるんだろうね?(怒)」って?

 

できてるところもあるし、できてないところもあります。

 

人様の歌を聞いて私が分かることって、昔の自分が経験してきたことだから。

 

もしかしたら、今でもやっちゃってる可能性はあるかも・・・です。

 

 

だから、レッスンに行って先生に聞いていただくのです。

 

だから、普段の練習をマジメにやるのです。

 

「私も人のこと言えないかもしれない」と思うから。

 

 

私は、声楽が上手になりたい。

 

だからレッスンに行き、練習をする。

 

これだけは、エラそうに言わせていただきますね~。(笑)

 

 

 

 

ただ今、声楽専門レッスンコースは一名様のみ空きができましたので、生徒さんを再募集いたします。

 

体験レッスンは9月下旬以降となりますので、ご了承ください。

 

 

今のうちに予約しておきたい方は、お早めに下記からお申込みくださいね。