歌う時の「変な顔」の直し方

 

こんにちは。今村です。

 

夏はコンクールシーズンですね~。

 

コンクールでは、次から次へといろいろな人が歌います。

 

その時、

「そんな顔して歌わなくても・・・」

と思うことがありませんか?

 

 

でも、もしかしたら私もそう思われながら歌っているのかも!?

(T_T)

 

あなたは大丈夫ですか?

 

 

もし、あなたが合唱をされてるのであれば、合唱の練習の時に他の人が歌ってる顔を見てみてください。

 

その人が変な顔で歌っていたら、あなたも、やっちゃってる可能性が高いです。(笑)

 

だけど、

「私は大丈夫」 と思える根拠を2つくらい即答できるなら、たぶん大丈夫です。

 

 

最近は、You Tubeを見てると、

「そんな変な顔しなくても歌えるんじゃない?」

とツッコみたくなる人もいらっしゃいますね。

 

(ごめんなさーい (^^;))

 

 

 

で、歌う時の「変な顔」の直し方を。

 

それは、

 

「鏡を見ながら歌うか、録画する」

 

です。

 

 

 

だけどですね~、

「鏡を見ながら歌う」ことをし続けられる人って、意外と少ないのです。

 

レッスンで、私が生徒さんに、

「鏡を見ながら、顔をチェックしてくださいね」

と言っても・・・

 

なぜだか、途中ですぐに鏡を見なくなってしまうのです。

 

これまで体験レッスンでも入会後のレッスンでも、ほぼ全員の方がそうでした。

 

 

鏡を見続けながら歌うって、カンタンそうで、意外と難しいのです!!

 

 

ということは、つまり、

ご自分でチェックできていない、ということですね。 (汗)

 

 

歌っている時に、自分で自分の顔は見られません。

 

何らかの方法で客観的に見る必要があります。

 

 

だけど鏡は見続けていられないし、録画は面倒くさいし・・・

 

いちばん手っ取り早いのは、他人からその都度、言ってもらうことです。

 

 

レッスンで先生に指摘してもらうのが一番早いですよ!