微妙にピッチがずれている(音程が悪い)時の修正方法

 

こんにちは。今村です。

 

先日のレッスンで、生徒さんにアリアを歌っていただきました。

 

ヴェルディのオペラ『リゴレット』から

「慕わしい人の名は」

 

です。

 

 

何度か歌っていただいたのですが、出だしの1ページ目は、ちょっと音程が悪かったです。

 

決定的に音がずれているのではありませんが、微妙~に音のピッチがずれていました。

 

う~ん、なんとも心地の良くない感じ。(笑)

 

 

 

この「微妙~なピッチのずれ」、いわゆる「音程が悪い」時の修正方法をご紹介しますね。

 

それは、

「その部分を階名(ドレミ...)で歌ってみる」

 

 

 

早速、音程が悪かった生徒さんに、何度か階名で歌っていただくと・・・

 

とってもクリアなピッチになり、すごく心地良く聴けました。

 

めでたし~~~!

(^O^)

 

 

あなたも練習の時に、

「微妙~にピッチがずれてるなぁ」

と感じたら、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

ちなみに、

階名で歌う時にも、もちろん声楽的な母音で歌うのですよ~!

 

レッスンでは、階名で歌う時もダメ出ししますよ~。(笑)