レチタティーヴォで絶対にやってはいけないこと

 

こんにちは。今村です。

 

レチタティーヴォとは、歌とセリフの中間くらいのものです。

 

レチタティーヴォセッコとレチタティーヴォアッコンパニャートという2種類があります。

(詳しくはまた日をあらためて・・・)

 

 

通称「イタリア歌曲」の中にもレチタティーヴォがある歌がありますよね。

 

イタリア「歌曲」と言っているけど、本当は昔のオペラのアリアだからです。

 

たとえば、ヘンデルのオペラ『セルセ』の中の

Ombra mai fu

 

とか、

 

オペラ『リナルド』の

Lascia ch'io pianga

 

とかです。

 

 

レチタティーヴォで絶対にやってはいけないことがあります。

 

それは、フレーズの最後を伸ばすことです。

 

 

分かりやすくカタカナで書きますね。ちょっとイヤだけど(笑)

 

Ombra mai fu のレチタティーヴォだったら、

「フローンディ テーネレ~ 」になっちゃダメなのです。

 

「フローンディ テーネレ」と、パキッとそのフレーズを終えますよ。

 

 

そんなの初めて聞いた~という方、

今まで、なんとなく伸ばしてたかもしれないな~と思った方は、

ぜひ気をつけてみてくださいね。

 

 

 

 

新教室での生徒募集再開キャンペーン的な感じで、6月中に体験レッスンを受けていただいた方にだけに

「8つの要素シート」を差し上げます。

 

歌が上手く聞こえるためには、この「8つの要素」が必要だよねっていうシートです。

 

コンクール1位になった生徒さんにも、これを活用していますよ~。