· 

合唱だけしてる人がソロで歌う時に、最優先で取り組むこと

 

合唱だけしてる人が、ふと、

 

「みんなと一緒じゃなく、

 私一人だけで気持ちよく歌いたい」

 

と思い立つ時があります。

 

 

その時に、最優先で取り組んでいただきたいことがあります。

 

それは、

声の密度を上げて一定に保つ

ことです。

 

 

合唱部やコーラスグループで歌っていると、自分一人だけで歌うことはないです。 

 

だから、声の密度を一定に保たなくても悪くはありません。

(厳しいところでは、悪いかもしれませんが。汗)

 

 

ですがソロで歌うとなると、

声の密度がバラバラだと、ちょっと具合が悪いです。

 

得意な音域では、よく聞こえて、

苦手な音域になると、うす~い声しか聞こえてこない。

 

ということでは困りますよね? 

 

 

実はこれ、昔の私です。

 

私が、中学で合唱だけをしてた頃は、

《 声の密度を一定に保つ 》なんて、気にもしなかったですから。

 

どちらかというと

「私って、どの音域も超うまくない?」

 

などと、勘違いしまくっていました。

 

反省しております。

(T_T)

 

私のことは置いといて・・・

 

 

私の経験や

体験レッスンにいらっしゃる方々の声を聞いても、

《 声の密度 》は超重要だと思います。

 

 

この《声の密度》。

 

実は、私が思う、

歌が上手く聞こえる9つの要素

 

というものの1番目、最優先事項なのです。

 

  

9つの要素を図にしたものが、これです。

(全部は公開してないので、ぼかしを入れてます)

   ↓   ↓

 

 

これまで、うすい声でしか歌ったことがない人にとって、

声の密度を上げるのは、そんなに簡単ではないです。

 

 

ですが、密度が高い声が出るようになったら、

歌うことがよりいっそう、楽しくて楽しくてたまらなくなります!

 

だって、

「伸びやかな輝きのある声を出せてる」という実感が持てるから。

 

 

あなたも、その楽しさを実感しませんか?

 

一緒にがんばって、もっと歌を楽しみましょう。

\(^o^)/

 

 

「もう1月も半ばだし、今月からやってみようかな?」と思ったら、

ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね。