· 

発声練習の目的とやり方

 

発声練習の目的、私は2つあると思っています。

 

1つ目は、フルで声を出す前にのどを慣らして(鳴らして)おくことです。

 

スポーツでも、いきなり100メートルを全力疾走する選手はいませんよね?

 

足を傷めてしまいますから。

 

 

声楽も同じです。

 

いきなりフルで声を出してオペラアリアなんか歌うと、のどに負担かかりまくり!

 

だから、のどをあらかじめ慣らして(鳴らして)おくことが必要です。

 

 

2つ目の目的は、今日ののどのコンディションの確認のため。

 

声楽は生身の人間が音楽を奏でるので、「今日ののど」の確認は重要です。

 

(↑ そろそろハンドクリームつけなきゃね。汗)

 

 

発声練習の仕方は、人によっていろいろだと思いますが、ここでは私のやり方をご紹介します。

 

まず最初は「a」の母音で、

ドレミレドの音型でゆっくり声を出していきます。

 

その音型を半音ずつ上げていきます。

 

これを毎日同じようにやります。

 

 

楽しいか、楽しくないかで言うと、楽しくないです。(笑)

 

「こんな簡単な音型、歌えるに決まってるじゃん」

 

「今日は、のどの調子がいいから、発声練習すっ飛ばしてアリア歌っちゃおうかな」

 

と思う日が、ないわけでもない・・・

 

 

だけど、ドレミレドの音型だけは、きちんとやろうと決めています。

 

ラクラク歌えたら、

「お、今日は調子いいね!」だし、

 

ちょっと気になる箇所があったら、

「こっちの発声練習で修正しよう」

 

と対策が取れるから。

 

 

ちなみに、ドレミレドの音型を1点ソから2点シ♭までの往復で2分ほどです。

 

2分で「今日ののどのコンディション」が分かるのですから、楽しくなくてもやる。(笑)

 

 

あ、声楽初心者の方は2点シ♭まで声を出す必要はないですよ!

 

ていうか、出しちゃダメです。

 

そこは慎重に、出ている声を聴きながら調整しましょう。

 

 

 

ここしばらく、コロナ感染者数が2ケタをキープしています。

 

24日で飲食店の規制も全面解除になるとか。

 

そうなったら、これまで停止していた新規の生徒さん募集を再開します!

 

「いつかはアマチュアの声楽コンクールに挑戦してみたい」

という方は、このブログをチェックしておいてくださいね~。