· 

歌っている時、声のことしか考えてない人の特徴とは?

 

この記事は、

「いつか私も、アマチュア向けの声楽コンクールに出たい」

という方のためにお伝えしますね。

 

 

「この人、声のことしか考えてないな」

という人の特徴があります。

 

それは、

 

ずっと斜め上を向いたまま、一点を見つめ続けて歌っている、

 

というものです。

 

この時、顔の表情はほとんど変わっていません。

 

 

コンクールでは、声だけでなく

 

オペラの役柄やアリアが歌われる状況を表現できているか?

 

も見られます。

 

それには顔の表情も大切なのに・・・

 

 

はい、私も昔はこれでした。

 

昔のビデオを見ると全部これ。(笑)

 

お恥ずかしい・・・

(今は違うよ!)

 

  

なぜ、このような表情になってしまうのか?

 

それは、

 

声の響きのことばかり考えているから、というのが一つあります。

(もう一つあるけど、今日はそれには触れません)

 

 

 

 

「声の響きを上に、上に・・・」

とか、

 

「響きを下げないようにしなきゃ」

とか、

 

「響きを細く出さなきゃ」

とか、

 

「響きを一点に集めなきゃ」

とか、

 

考えています。

 

 

響きは、もちろん大切なのです!

 

だけど、それ「だけ」じゃダメだと私は思います。

 

 

響き以前にできなきゃいけないこと、

響きと同時にしなきゃいけないこと、

 

があります。

 

 

ずっと斜め上を向いたまま、一点を見つめ続けて歌っている。

 

もし、あなたにも心当たりがあるのなら、

コンクールの本番までに直しておきましょう!