「茶飲み友達を作りたいわけじゃないのよ。歌を勉強したいの」という人は意外と多い

 

以前、声楽を学んでいる私の知人が、こんなことを言っていました。

 

「音楽教室って、『お友達と楽しく歌いましょう』みたいなところが多いのよね。

私は、茶飲み友達を作りたいわけじゃないのよ。歌を勉強したいの」

 

 

彼女が声楽レッスンを受け始めたのは、もうずっと前のこと。

 

当時は、どこの教室に行っても、先生が

「楽しく歌えれば、それでいいでしょ~」

のノリだったそうです。

 

楽しいだけで、あまり細かいことは注意されなかった・・・と。

 

 

今はいい先生に就いて、毎週レッスンに通っています。

 

毎年の発表会では、オペラのアリアやアンサンブルを原語で暗譜で歌っていますよ~。

 

それに、コンクールにも挑戦していました。

 

 

 

音楽をする時に「楽しい」ことは、もちろん重要です。

 

でも「楽しいだけ」って、どうなのかな?

 

それって、生徒さんのためになるのかな?

 

ちゃんと「歌(声楽)を勉強したいの」という人は意外と多いのに・・・

 

 

その知人も、表面的な楽しさよりも、

「自分が少しずつでも上手になっていくのが楽しい」というタイプです。

 

声楽に真剣に取り組み、本当に生き生きとしています。

 

そして彼女を見ていると、私も頑張ろうと思えるのです。

 

 

明日から声楽専門レッスンコースの生徒さんの再募集を開始します。

 

今日お話しした彼女のように、

 

「自分が少しずつでも上手になっていくのが楽しい」

というタイプの方は、ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね!

 

一緒に少しずつ、上手になっていきましょう。

(^^)v