· 

いい結果のためには「そんなの普通じゃない?」

 

コンクールなどは、なんやかんや言って「いい結果」のほうがいいですよね?

 

「私、予選で落ちることを目指してるの~♡」

という人はいないと思います。

 

 

私の周りの「いい結果」を出している人は皆、次の2つのことを当たり前だと思っています。

 

・普段から毎週のようにレッスンに通う。

・自分でも「ちゃんと」練習する。

※「ちゃんと」とは、レッスンでできたことを再現しようとすることです。ただ機械的に声を出すことではありません。

 

 

 

本番前に少しだけレッスン回数を増やすことはあるみたいです。

 

でも普段から毎週のようにレッスンに行っているので、劇的にレッスン回数を増やせない。(笑)

 

むしろ普段のレッスンで基礎ができている感じですね。

 

 

そして、そういう方々が、こう言っているのをよく聞きます。

 

「本番の直前にレッスンを増やしても、いきなり直せないもん」

 

「本番近くにレッスンを入れると疲れるし・・・」

 

「普段やってないことを直前だけやっても忘れるから」

 

「本番が近づいてるのに出来てないと、かえって焦るでしょ?」

 

 

そして・・・、

 

「そんなの普通じゃない?」

 

と。

 

 

私もどちらかというと、「真面目かっ!?」とツッコミ入れられるタイプです。

 

だけど結果を出す人って、やっぱり普段から「真面目かっ!?」ですね。

 

本番の直前だけレッスンを増やしただけでは、何ともならないことをよく知っています。

 

よかった~~~、私だけじゃなくて。(^^;)

 

 

あなたは本番前だけバタバタとレッスンに通って、上手く歌えそうですか?

 

 

 

1月11日(土)から声楽専門レッスンの生徒さんの募集を再開します。

 

「いつか声楽コンクールに出てみたいな」

と思ってる方は、一緒に頑張りましょう!!