高い「音」を瞬間的に出せれば満足ですか?

 

アマチュアのコンクールや演奏会で、すごく高い音が出てくるオペラアリアを歌う人がいます。

 

プロ顔負けの方もいて、凄いな~と思うことも多々あり!

 

 

だけど逆に、

「あ、この人、高い「音」を瞬間的に出せれば満足なのね(笑)」

という方もチラホラ・・・

 

 

たしかにソプラノにとって、高い音が出ることは素晴らしいことです。

 

なんやかんや言って、高い音が出せることは超重要ですからね。

 

 

でも、そういう方の歌を聴いていると、こんなふうに思ってしまいます。

 

「この人、ふわふわした薄い声で高い「音」を出しても違和感ないのね~」

 

「言葉を無視して、単独の「音」としてしか考えてないのかな?」

 

「中間音域や低音域は重要じゃないと思ってるでしょ?」

 

 

 

先ほども言ったように、高い音は超重要です。

 

ですが私は、高い「音」を出すだけではダメだと思います。

 

その「音」自体のクオリティ、単語の中の一音としての高音、そして中間音域までの充実度があった上での

高い「声」であるべき、だと思っています。

 

 

自分が楽しむために好きなように歌いたいのであれば、どんな高い「音」でもいいですけど。

 

私もどちらかというと、その期間が長かったので・・・(笑)

 

 

でも、コンクールで入賞したいとか、演奏会で賞賛されたいというのであれば、

高い「音」ではなく高い「声」で歌ってくださいね。

 

このニュアンス、伝わればいいなぁ・・・

 

 

 

私のレッスンではもちろん、高い「音」ではなく、高い「声」を出せるように指導いたしますよ~!

 

だけど高い「声」を歌の中で、きちんと使えるようになるには、ある程度の期間やレッスン回数が必要です。

 

もちろん、レッスンだけでなく自主練習も必須です。

 

 

高い「声」を歌の中で、歌詞の言葉に乗せて歌いたい方は、ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね。

(来年の1月以降に募集を再開します)