最終回「フィレンツェの花売り娘」を練習してみた 出だしの「イ」で絶望した話

 

8ヶ月ほどのブランクを経て、ここ数日、久々に練習している「フィレンツェの花売り娘」。

 

今日で最後のお話にしますので、よかったらお付き合いください。(笑)

 

 

数日前の練習で一発目に録音した時、出だしの「イ」を聞いたとたん、

「ダメだこりゃ!」

と絶望しました。(T_T)

 

 

この曲の冒頭の歌詞をカタカナで書いてみると、

 

イ ピウ ベイ フィオール コンプラーテ ・・・

 

です。

(カタカナで書くの、本当は良くないけどね)

 

 

この出だしの「イ」が、なんとも、まとまりのない母音になっていました。

 

・母音の場所が悪い。

・声の密度がやや薄い。

・息のスピード感がない。

 

という感じ。

 

 

悪いところを確認できたら、あとはひたすら、

 

録音する

 ↓

それを聞いてチェックする

 ↓

悪いところを見つけて対策を考える

 ↓

録音しながら歌ってみる

 ↓

それを聞いてチェックする

 

というのを根気よくやるだけです。

 

 

たとえば、

 

母音の場所が悪いから、ちょっと前のほうで歌ってみる。

 

録音して聞いてみると「前に行き過ぎた」ので、今度は少し奥で歌ってみる。

 

「それだと少しぼやけるなぁ」と、またほんのちょ~っとだけ前で歌ってみる。

 

「おー、ここやん!」と、いい場所を見つけたら、それを定着させるために何度も歌う。

 

 

出だしのワンフレーズだけで何回歌っただろう?

 

時間が、なんぼあっても足りんわ!(笑)

 

 

 

この曲は他にもまだまだ、やることいっぱい。

 

スタッカートのこととか、二重母音のこととか、2オクターブ近くを素早く下降してくる時の音符の輪郭とか・・・

 

しばらく一人でこっそりと練習します。

 

当分、この曲を人前で歌う予定はありませんが、大切なレパートリーなので歌い込んでいきたいです。

 

 

ここ数日間、私の練習の記事にお付き合いくださって、ありがとうございました。

m(__)m