続「フィレンツェの花売り娘」を練習してみた メトロノームを使うよ

 

昨日に引き続き、今日も「La fioraia fiorentina(フィレンツェの花売り娘)」の練習しました。

 

昨日も言ったように、数ヶ月のブランクがあるといろいろと劣化するね~。(汗)

 

 

昨日の記事はこちら。

 ↓ ↓ ↓

 数ヶ月のブランク後にロッシーニの歌曲「フィレンツェの花売り娘」を練習してみた

 

 

 

今日はテンポ感の悪さを主に修正していきました。

 

昨日の一発目ではテンポがモサ~っとして重かったので・・・

 

そんな時にはメトロノームを使って練習します。

 

メトロノームを使うと、どこで、何がモタつくかがはっきりと分かります。

 

 

時々、

「歌はメトロノームを使うべきではない」

という人がいますよね。

 

でも、テンポ感に問題がある時はメトロノームで練習するべきです。

 

なぜなら、自分勝手なモサ~っとしたテンポでは伴奏ピアニストさんと合わせられませんから。

 

重唱でも他の人と合わせられませんね。

 

 

自分勝手なテンポ感で歌っていいワケないじゃん!(笑)

 

 

 

「フィレンツェの花売り娘」は、ほぼ規則的に音を刻むピアノと共に軽快に演奏したい曲です。

 

ブレスや言葉さばきでモタモタしたくない!

 

私はメトロノームで132に合わせて練習しましたよ~。

 

もちろん、テンポだけを気にかけすぎて、発声がおろそかになるのは本末転倒ですから気をつけています。

 

 

 

あなたも時々、メトロノームを使って練習してみてくださいね。

 

意外と自分勝手なテンポで歌ってるのに気づくと思いますよ。(笑)