高い音を出すために、いろいろなことに耐えられますか?

 

こんにちは。今村です。

 

今日のタイトル、スポ根みたいね。(笑)

 

 

高い音をきれいに出すのって、簡単なことではないと思います。

 

音が上がるにつれて、のどに負荷がかかったような苦しさがあります。

 

支える場所もお腹だけではなく、背中や首も使います。

 

響きの位置を意識しつつ、息の圧力もキープしなければいけません。

 

そして、それにのどが押し上げられそうになる・・・

 

 

いろいろなことが起こってきますよ~。

 

 

レッスンでも、生徒さんがよく、

「こんなに大変なんですね?」

という感想をもらします。(笑)

 

 

でも、そこに耐えて慣れていかなければ声楽的な高い声は出ません。

 

それに慣れていくことで、いつのまにかラクに出すコツがわかってくるのです。

 

初めのうちは、のどにも少し負担がかかるかもしれません。

 

 

でも、考えてみてください。

 

今まで出なかった高い音を出すのですから、今まで使わなかった筋肉なども動かすのです。

 

ラクちんなわけがない!と思いませんか?

 

 

本気で「高い音をきれいに出せるようになりたい」と思うのであれば、

それが身につくまで、ある程度の時間や練習に耐えられますか?

 

 

身についてしまえば、

「あれ?今までよりラクに歌えるようになったなぁ」

と思うのです。

 

初めから、何でもかんでもラクに簡単に・・・って、何かを習得しようという姿勢としてはどうかと思いますよ~。