スザンナのアリアの低い音、まさか地声で歌ってませんよね?

 

こんにちは。今村です。

 

モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」。

 

その中で、小間使いのスザンナちゃんが歌うアリア

『とうとう嬉しい時が来た』。

 

比較的、初歩の段階の人が発表会やコンクールで歌いますよね。

(決して初歩の段階の人向けのアリアではありませんよ~)

 

 

通常、ソプラノだったら、

「この曲の最高音は何かな?  おっと、 2点Hだ! こんな高い音、ちゃんと出るかな?」

と、高い音に注目すると思います。

 

でも、スザンナのアリア 『とうとう嬉しい時が来た』 は、低い音も気にしてみてくださいね。

 

 

この曲の最低音は、1点Cのすぐ下のAです。

 

あなたは、スザンナのアリアのこの低い音、まさか地声で歌ってませんよね?(笑)

 

 

「ソプラノでこんな低い音は出しにくいから仕方ないじゃーん」

という理由で地声で歌っているなら、この曲を本番で歌うのはやめましょうね~。

 

選曲って、そういうもんです。(笑)

 

 

ちなみに私はソプラノレッジェーロだけど、1点Cの下のFまで出ます。

 

なので、Aくらいだったらレッスンで歌ってお聞かせできますよ。

 

レッスンで一緒に、低い音も充実させていきましょう!