本番の選曲は慎重に

 

こんにちは。今村です。

 

あなたは発表会や演奏会、コンクールなど、本番で歌う曲をどのように選んでいますか?

 

大好きな曲?

派手な曲?

有名な曲?

 

 

おっと、その前に・・・

その本番は、あなたにとって、どういう位置づけでしょうか。

 

「その本番の様子を見るだけ」

「自分の歌を試してみたい」

「歌を頑張る目標にしたい」

「場数を踏む練習」

「音大受験なので失敗できない」

「コンクールで入賞したい」

 

などなど、人それぞれだと思います。

 

その位置づけに、いいも悪いもありません。

 

 

ただ、その位置づけによって選曲が違ってきます。

 

たとえば、

「様子を見るだけ」の位置づけの曲と、

「コンクールで入賞したい」という位置づけの曲が

同じではないのは、ご理解いただけますよね。

 

 

とくに、音大受験やコンクールなどの合否があるもの、点数がつくものは選曲がすごく重要です。

 

声に合わない曲を選んでいる時点で、評価が下がってしまいます。

 

 

もったいないと思いませんか?

 

どんなにきちんと歌っても、声に合わない曲を選ぶと点数がもらえないのです。

 

 

例えば、私のような軽めのソプラノが「アイーダ」を歌ってもダメなのですね。

 

私がどんなに「アイーダ」が好きでも、コンクールで歌うべきではありません。

 

 

ただ、勉強のためと割り切って、レッスンで歌ってみるのはギリギリOKです。

(それでも、あんまり意味があるとは思えませんが・・・)

 

 

選曲は声の種類だけではなく、

 

歌の中で使える音域はどこまでか?とか

テンポがしっくりくる曲か?とか

その曲を表現できる声量があるか?とか

 

いろいろ考えることがあります。

 

もちろん、曲の長さも。

 

長いから難しい曲、短いから簡単な曲ではありませんよ。(^^;)

 

 

できれば本番の前に、候補の曲をいくつか歌って決めることをお勧めします。

 

自分で気分よく歌えても、

「客観的に聞くと別の曲のほうが断然、声に合ってるよ」

ということは、よくありますからね~。

 

もちろん、それを言う側の人(多くは先生)は、正しい判断をする必要がありますが・・・

 

時々、

「なんでその曲を選んで、こんなところで歌ってるの? どうした?先生?」

という方もいらっしゃいます。(笑)

 

 

本番、とくに受験やコンクールでの選曲は慎重に!