高い音をきれいに出したい。たとえば「ドレッタの夢」の高音

 

こんにちは。今村です。

 

ソプラノのアリアの中でも人気の「ドレッタの夢」。

 

あなたも演奏会やコンクールで、聴いている人がハッとするように美しく歌ってみませんか?

 

 

この曲の聴かせどころは、なんといっても後半の

Ah! mio sogno!

Ah! mia vita!

の高い音を長く伸ばすところですよね。

 

でもただ単に、ここの「高い音」を出せばいいのではありませんね。

 

声量もそんなに重要ではありませんよ。

 

 

このアリアを歌うのであれば、もちろん、このフレーズの高音域が出せるのが大前提。

(このフレーズの最高音は3点C)

 

その「質」にこだわりましょう。

 

しっかりと身体で支え、でも余計な力は入れず、適度な息の圧力をかけながら伸びていく声が必要ですよ。

 

もちろん、すぐに簡単にできるわけではありません。

 

 

「音は出るんだけど、固い声になっちゃう」

 (→ たぶん首に上向きの余計な力が入っています)

 

「Ah!の後のフレーズまで息が続かない」

 (→ Ah!で息を吐きすぎていませんか?)

 

「音が下がり気味になってしまう」

 (→ 息のスピードが遅いのと、奥が開いてないかも)

 

など、いろいろ問題が出てくると思います。

 

 

ですが、きちんとレッスンを重ねていけば、時間はかかりますが習得できます。

 

声楽にはどんな要素が必要なのかを意識しながら、レッスンで少しずつ声を作っていきましょう!

 

いつか、聴いている人が息を飲むような、しなやかな美しい歌が歌えるといいですよね。

 

 

 

6月中に体験レッスンを受けていただいた方にだけに

「8つの要素シート」を差し上げます。

 

歌が上手く聞こえるためには、この「8つの要素」が必要だよねっていうシートです。

 

コンクール1位になった生徒さんにも、これを活用していますよ~。

 

体験レッスンでお渡ししますね!