デスピーナのアリア「女も15になったら」

 

こんにちは。今村です。

 

モーツァルトのオペラ『コジ ファン トゥッテ』の2幕で、

小間使いのデスピーナが歌うアリア

「女も15になったら」

 

今、このアリアをレッスン中の生徒さんは、6度の跳躍で2点Gに行くところが苦手でした。

 

歌詞でいうと、finger riso  finger pianti のところです。

 

ここ、キメたいですよね~。

 

 

実は私も高校生の時、ここが上手く歌えませんでした。(泣)

 

今ならその原因が分かります。

 

 

で、先日のレッスンで生徒さんに、それをやっていただいたのです。

 

そしたら、ちゃんと歌えるようになりましたよ!

 

 

「こっちの方向なんですね~」と生徒さん。

 

「そうでーす、そっちです。

  高いソの1つ前の音符から、そっちの方向ですよ~。

  高いソで突然やっても間に合いませんよ~」と私。

 

あとは生徒さんご自身が何度も練習して、できるようにするだけです。

 

 

デスピーナのこのアリアは、コンクールの自由曲にもよく歌われますよね?

 

時々、デスピーナのキャラだけを強調して歌ってる人がいますが、テクニックをすっ飛ばして歌うと、なんだか残念・・・

 

楽しく歌うって、こういうことなのかな?って・・・

 

技術的なことも、もう少し意識してほしいな~と思いながら聞いていることがあります。(笑)