ご あ い さ つ

はじめまして! 今村美保子です。

 

私は中学時代に合唱にのめり込み、すっかり歌に魅了されました。
合唱部では、歌うことが大好きな仲間と、日々、練習に明け暮れていました。

 

もちろん、楽しいことばかりではなかったです。

 

友達との意見の違い、先生との関係、1、2年生との意識の温度差・・・。
時には泣いたこともあります。

 

それでも、やはり合唱部の誰もが、
歌うことが大好き! だから、もっと上手になりたい!
という気持ちが強かったのです。

 

真夏に合唱の講習会に参加したり、合唱の練習前に走り込みを続けたり、外部の先生に何度か指導をお願いしたりして、毎日毎日、練習を続けました。

 

その結果、私が3年生の時に、それまでは全く無名の田舎の公立中学校の合唱部だったのに、Nコンで九州ブロック大会まで進んだのです!

 

その他にも、地元のテレビ局が主催するコンクールでも1位になりました。

 

本当に嬉しくて嬉しくて、それまでの嫌なことや大変だったトラブルなど、一瞬で、どうでもよくなったのを覚えています。

 

ものすごく頑張ったことで得られた結果や達成感!

本当の意味の “楽しい” とか “嬉しい” っていうのは、こういうことなんだなあ、と思いました。

 

今思い出しても、本当に貴重な経験ができた、と胸が熱くなります。

 

そうやって、歌は私の生活の一部、身体の一部になっていきました。

 

高校生になってからすぐに声楽の個人レッスンに行きたかったのですが、親が、私の気持ちが真剣ではないと思ったらしく、レッスン代を出してくれませんでした。

 

「レッスンに行きたかったら、自分のお金で行きなさい」

 

と言われ、小さいころから貯金していたお年玉をレッスン代に充てることを即決し、親を説得しました。

 

そして、ようやく高校2年生から、念願の声楽の個人レッスンを受けることになったのです。(その時に就いた先生のお名前はプロフィールには載せていません)

 

高校2年生からは比較的遅いスタートですが、浪人せずに国立音楽大学声楽学科に入学できました。

 

でも音大入学後。

それまでの “受験のためだけの声楽” と大学入学後の “演奏のための声楽” の、あまりの違いに衝撃を受けました。

 

音大入学後はゼロからやり直し・・・。とてもショックでした。

 

4年間かけて少しずつ少しずつ、いい方向に向かっていったので、大学卒業後も勉強を続けたかったのですが、親の理解を得られず帰郷。

地元で、なんとか細々とレッスンだけは通っていました。


20代後半、その時に就いていた先生(プロフィールにはお名前は載せていません)の発声方法に疑問を感じ、意を決して江口元子先生、高橋薫子先生に指導を仰ぎながら発声改善に努めました。

 

もちろん長年のクセは簡単には抜けません。

でも、あきらめず毎日毎日毎日・・・、両先生のレッスンを思い出しながら地道に練習を続けていると、ある時から、みるみるうちに良くなっていきました。

 

そして、その時に就いていた地元の先生からは、絶対に無理だと言われたオーディションにも合格したのです!

 

大学入学前後や、20代後半のことを思い出す度に、
「もっと早くから、きちんとした発声法を身につけていれば・・・。 私は、生徒さんに嫌われてもいいから、きちんとしたことを伝えたい」

 

そして、中学時代の私のように、
歌うことが大好き! だから、もっと上手になりたい!
という方たちに、私の経験から何かお役に立てることがあるはずだ、と思うようになりました。

 

私は、現在も別の先生のもとで声楽のレッスンは続けています。
いつも向上心を持ち、声楽の勉強を継続していくことを心がけています。

 

私のレッスンは性格上、堅苦しくなりようがないレッスンです。(笑)
ワハハハ!!と笑いながらレッスンを進めていきます。
歌う楽しさと同時に、声楽の厳しさも感じていただければと思っています。

 

受験生やコンクールを受ける方には心を鬼にして、少しだけ厳しく指導いたします。
合格していただきたいから!


“楽しいだけ” ではなく、
歌うことが大好き! だから、もっと上手になりたい!

と思っている方は、ぜひ体験レッスンにいらしてくださいね。

 

お待ちしております!!

 

 

 

プロフィール

1969年生まれ。福岡県出身

国立音楽大学声楽学科卒業

日本オペラ振興会オペラ歌手育成部選科修了

第8回横浜国際音楽コンクール声楽部門一般B 審査員奨励賞受賞

 

布施隆治、渡辺誠、江口元子、琉子健太郎、本島阿佐子の各氏に師事。

また高橋薫子、サラ・アーネソンの各氏にもレッスンを受ける。

 

 

5歳よりピアノを始める。

中学では全校朝礼や行事などで校歌のピアノ伴奏を務める。

音楽部(合唱部)に入部しピアノ伴奏も務めながら、3年生時にはソプラノパートリーダー兼副部長として、無名の公立中学校がNHK全国学校音楽コンクールで九州ブロック大会に出場するという快挙貢献する。

 

地元の公立高校に進学し、2年生より本格的に声楽を学び始め

国立音楽大学声楽学科入学。

 

国立音楽大学声楽学科卒業後は帰郷し、

西日本出身新人紹介演奏会(オーディションあり)

北九州芸術祭(オーディションあり)

北九州音楽協会会員演奏会

音の風コンサート

等、数々の演奏会に出演。

 

 

2005年、夫の転勤により横浜市青葉区に転居。一児の母。